ヒゲ脱毛の痛みと効果の関係性

ヒゲ脱毛には興味があるけど、施術するときの痛みを気にする方は多いのではないでしょうか。

ヒゲ脱毛には主に3つの方法があるのですが、それぞれの痛みと効果について紹介します。

1.ニードル脱毛

針の先端に熱を送って一本ずつ毛根を焼き切る方法です。

最も痛みを伴う方法ですが、その分効果は高く永久脱毛も可能になります。

一本ずつ丁寧に施術するので、手間と時間が掛かり費用的にも負担が大きい方法です。

2.レーザー脱毛

医療レーザーを使って脱毛する方法です。
レーザー光が特定の色に吸収されるという特性を利用した方法です。

ニードル脱毛よりは痛くありませんが、それでもある程度の痛みは伴います。

輪ゴムで肌を弾かれたような痛みと表現される事が多いです。

効果は、ニードル脱毛よりは落ちますが、施術方法が簡単で誰がやっても同じ効果が得られるというメリットがあります。

永久脱毛するのは難しい方法と言えますので、永久脱毛したい方はニードル脱毛を選ぶ方が良いでしょう。

3.光脱毛

エステサロンで主に使われている脱毛方法です。

最も照射エネルギーが低く、痛みもほとんどありません。

その分、脱毛効果も低く、ヒゲ脱毛には不向きな方法と言えます。

ヒゲの薄い方や施術後の肌荒れが気になる方にはお勧めの方法です。